潜在意識を活用して、際限のない幸福を手に入れましょう。あなたの潜在意識への架け橋になるブログ!
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10

潜在意識活用ブログについて

「潜在意識の活用とは」

私たちの心の世界は「顕在意識」(自分で意識できる世界)と「潜在意識」(自分ではコントロール不可能な世界)に分けられます。このブログではジョセフ・マーフィーの本の教えに従い、潜在意識の世界を活用、活性化して、願望を実現することを目指しています。あなたの潜在意識の世界への手引きになるブログです。


スポンサード リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エジソン
エジソンが電球を発明するまでに2万回失敗したというのは有名な話です。そして周囲からの「また失敗したのか」との問いかけに、エジソンは「この方法ではだめだ、という発見をしたのだ」と答えたそうです。この話しを「失敗を発見と捉えるところが天才なのでしょう」で終わらせてしまうのはもったいないです。2万回繰り返し実験できたのは、彼の中に「絶対うまくいくはず」という像が確立されていたのでしょう(潜在意識への刻印)。だから2万回の失敗は、彼にとってはだんだんと成功に近づいていくステップであり、もしかしたら失敗のごとにエジソンはわくわくしていたのではないでしょうか。「成功できる」と完全に思い込むことの大切さを教えてくれる話しです。
村主章枝
今回は時事ネタ、トリノオリンピック関連です。
フィギュア・スケート界で大活躍中の村主章枝さんに関する記事です。世界を舞台にしている人は、そのステージにどのような心境で望んでいるのでしょうか。彼女の場合は、スケートリンクへ出る前に、神様に感謝の気持ちをささげるそうです。サポートしてくれたお母さん、友達、コーチに感謝してから演技をするととてもうまくいくとのこと。「参考:女性自身(2/28号)」
ジョセフ・マーフィーの教えに照らし合わせると、「感謝法」が浮かんできます。自分の願望を明確にし、それが実現することに対して、先に感謝する、というものです。この「感謝」の気持ちは、あらゆる面でプラスに作用することはよく言われる話ですが、案外できていないことが多いのではないでしょうか。村主選手ももちろん「最高の演技をしたい」という気持ちは常にあるはず。直接の感謝の対象は周囲の人に対してですが、目標がある上での「感謝」は自分をパワーアップしてくれるキーポイントのように思います。
荒川静香
トリノオリンピックで見事に金メダルを獲得した荒川静香さん。話題のイナバウアーを取り入れた演技は本当に優雅で素敵でした。

さて、今回はそんな荒川選手から潜在意識活用のヒントを得ました。金メダルを獲得し、エキシビションで演技した後のインタビューで彼女は「エキシビションに出ることが夢だった」と語ったのです。エキシビションとは、フィギュアスケート特有の「みせるため」のショーのようなものですが、上位入賞者のみが出るものです。「金メダルをとることが夢だった」ではなく、「エキシビションに出ること」が夢だったとのこと。

これは、「願望が実現したことをリアルに想像しなさい」というマーフィーの教えに合う考え方ではないでしょうか。その場合、「金メダルをとる」ことに焦点を合わせればいいのでは?と考え勝ちですが、そこにはどうしても「競争」の意識が生まれます。これは少なからず心に「焦燥感」を生んでしまいますが、「エキシビションで気持ちよくすべること」に夢を描いていた彼女には、その夢をリアルに、気持ちよく思い描くことがしやすかったように思います。実際マーフィーも、「競争」の念が浮かんできたら、「神が(潜在意識が)自分にとっていいようにようにとりはからう」と思い浮かべて、競争の念は捨てるように、と言っています。

「金メダル」を通り越して、選ばれた勝者だけが滑れる「エキシビション」を夢にしていたその目標設定が、今回の金メダル獲得の勝因だったように思われてなりません。
Copyright © 2006-2010 潜在意識活用ブログ. all rights reserved.
[PR]クレジットカードとマイレージ|FX資料請求|売り別荘情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。