潜在意識を活用して、際限のない幸福を手に入れましょう。あなたの潜在意識への架け橋になるブログ!
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12

潜在意識活用ブログについて

「潜在意識の活用とは」

私たちの心の世界は「顕在意識」(自分で意識できる世界)と「潜在意識」(自分ではコントロール不可能な世界)に分けられます。このブログではジョセフ・マーフィーの本の教えに従い、潜在意識の世界を活用、活性化して、願望を実現することを目指しています。あなたの潜在意識の世界への手引きになるブログです。


スポンサード リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欲望が希薄
ジョセフ・マーフィーが著書のなかでたびたび書いていますが、多くの人がそこそこの平均的な人生しか送れないのは、本人が明確な欲望をもっていないから、あるいは「よいこと」を考えることを怠っているからだそうです。これは私にも当てはまります。私は自分が「欲のない人間」であることを自覚していて、友人にも「もっと目標を上に」とか「やればできるのにもったいない」とか言われます。これは、潜在意識活用以前の問題です。都心のきれいな家に住みたい、かっこよくて収入のよくて社会的地位のある男性と知り合いたい、などの目標を持つ人は、実は強いのです。そんな欲張りな・・・と周りの人に思われてしまうかもしれませんが、潜在意識活用に関してはこういった欲望は正しいことです。できるだけ、具体的によりよいことを願いましょう!
マーフィーの本は何故こんなにたくさんある?
始めてマーフィーの本に出会って以来、こんなにもたくさんの本をジョセフ・マーフィーが出していることに、まずびっくりしてしまいました。同じことを伝えるためにこんなにも多くの書籍を書いた人はそんなにいないのではないでしょうか。最初は、それだけ願望達成の難しさを表しているのかとも思いました。しかし、5冊ほど読んだ時点で気が付きました。マーフィーの本の中には、潜在意識を活性化させるための「祈りのことば」の例が沢山出てきます。マーフィーのいろんな本を読むことは、それらを繰り返し読むことになります。そうすると、1度読んだだけでは得られない、ことばの「心への浸透」が感じられるのです。恐らく一冊の本を繰り返し読むことでも同じ効果は得られると思いますが、飽きっぽい人間にはワリと難しいことです。こんなにもたくさんの本が出されているのは、そんな人間の特徴を見ぬいたマーフィーの意図的な行為だったのかもしれないと感じつつ、全書籍読破を目指している私です。
心配してはいけない
他の人のことを思って心配することは、一見思いやりのある人情にあふれた行為だと思われ勝ちですが、潜在意識を活性化させるためには、なんとマイナス要因なのです。心配する、とは相手の(自分の)悪い状態を心に描いていることになるからです。なので、心配ではなく、相手の(自分の)中の「偉大な力(潜在意識)」を信じ、状況がだんだんと良くなっていることを思う。この建設的な思考方法が潜在意識の正しい活用法です。心配は無用!!病気や怪我を負ってしまった人に対しては、「段々良くなっている、完治しつつある」ことを思うということです。
Copyright © 2006-2010 潜在意識活用ブログ. all rights reserved.
[PR]クレジットカードとマイレージ|FX資料請求|売り別荘情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。