潜在意識を活用して、際限のない幸福を手に入れましょう。あなたの潜在意識への架け橋になるブログ!
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07

潜在意識活用ブログについて

「潜在意識の活用とは」

私たちの心の世界は「顕在意識」(自分で意識できる世界)と「潜在意識」(自分ではコントロール不可能な世界)に分けられます。このブログではジョセフ・マーフィーの本の教えに従い、潜在意識の世界を活用、活性化して、願望を実現することを目指しています。あなたの潜在意識の世界への手引きになるブログです。


スポンサード リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジョセフ・マーフィーの本との出会い
心療内科で「不安神経症、パニック障害の軽いもの」という診断を受けた翌日。すこし気分は軽くなったものの、あいかわらず、のどの渇きを抱えたまま図書館へ行きました。仕事上の調べ物をしたかったからです。ある棚を通り過ぎようとしたとき、ふと目に付いた本がありました。それが潜在意識の伝道師、ジョセフ・マーフィーの『欲しいだけのお金が手に入る!18の”こころの魔術”』です。

棚にズラッと並んだ本の背表紙をなにげなくボーっと目で追っていて、この本がパッと目に飛び込んできました。欲しいだけのお金が手に入るという状態はまさに今私が欲する状態。生計を立てられるだけの目途がたたない状態だったから、余計に目についたのだと思います。

普段なら素通りするはずの本のタイトルです。この系統の本は、私はどちらかというと嫌いなのです。そんなに甘い話があるわけないでしょう、という反発心が起こり、普段なら素通りしたはずの本。それを手に取り、空いていた椅子に座って、さっそくページをめくってみました。そして、すぐに夢中になって読んでいる自分が居たのです。

なぜかその時、私にはその本を借りる、という発想がなく、とてもいい言葉が書いてあったのでメモに書き取ろうと、本の内容を移していましたが、「借りればいいじゃん!」と途中で気づき、仕事関連の本は借りず、この『欲しいだけのお金が手に入る!18”こころの魔術”』だけを借りました。これが、私とジョセフ・マーフィーとの出会いの経緯です。

驚くことに、この本には、ジョセフ・マーフィーの教えのとおりに瞑想して、不安神経症が治った症例が載っていました。今思えば、これも私の潜在意識のなせる技だったのかもしれません。発作を起こす前の、楽観的な自分を心の底から取り戻したい、と願っていたので、それが私の潜在意識へ届き、現状を解決してくれるこの本に出会わせてくれたんじゃないかと今では思っています。ここから、私の神経症的は症状は快方へ向かうことになります。具体的な体験記は「潜在意識活用の成功体験集」にあります。
Copyright © 2006-2010 潜在意識活用ブログ. all rights reserved.
[PR]クレジットカードとマイレージ|FX資料請求|売り別荘情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。