潜在意識を活用して、際限のない幸福を手に入れましょう。あなたの潜在意識への架け橋になるブログ!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05

潜在意識活用ブログについて

「潜在意識の活用とは」

私たちの心の世界は「顕在意識」(自分で意識できる世界)と「潜在意識」(自分ではコントロール不可能な世界)に分けられます。このブログではジョセフ・マーフィーの本の教えに従い、潜在意識の世界を活用、活性化して、願望を実現することを目指しています。あなたの潜在意識の世界への手引きになるブログです。


スポンサード リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過呼吸の発作②
初めて、「過呼吸」の発作を起こした翌日。
彼と一緒に出かけ、ショッピングをし、時間があれば映画を観るという計画でした。私は、過呼吸の症状のインパクトがあまりにも強く、すこし恐怖を感じていました。案の定、喫茶店で昼食後のコーヒーでくつろぐ、という大好きなはずの時間に、また、あの発作の前兆が起こりました。

やはりのどの渇きを感じ、ちょっと痰が絡んだようになり、咳払いをしようとしたのですが、異物感が取れずすっきりしない。そのうち、「ああ、また過呼吸になるかもしれない」という恐怖感で心臓が激しく打ち始めました。両手で口を押さえ、祈るように「落ち着け、落ち着け」と自分に言い聞かせ、昨晩ネットで過呼吸について調べたときに、「症状が出たら、紙袋を口に当てて呼吸するか、なるべく息を止めるようにする」とあったので、あまり息をしないように努めました。過呼吸というのは体が酸素過多になっている状態のため、二酸化炭素を増やすよう努めると正常な状態を取り戻せるのです。なんとか発作に至らずに済みましたが、それ以来、いつ来るか分からない、という不安と、のどの渇きが異様に気になる、神経症的な状態に陥ってしまいました。
Copyright © 2006-2010 潜在意識活用ブログ. all rights reserved.
[PR]クレジットカードとマイレージ|FX資料請求|売り別荘情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。